人と木

食事と酵素の力で、のんびりガンと暮らす日々

煮小豆

乳ガン ステージIIIと診断されてから試した食箋。

幾つかありますが、今も続けているものです。

 

月に数回、食箋として煮小豆を作ります。

ガンと診断されたら、身体を温めると共に、

腸を整えて免疫力を高めましょう。

小豆は、その形から腎臓にも良いそうです。

 

 

《煮小豆  食箋レシピ》

選別

小豆を選別、傷、黒ずみ、皺の小豆を外す。

落ちたものも外す。

 

洗う

体内の毒を出すのが目的なので、

れいな水で右回りで豆を研ぐように洗う。
(我が家は島根 金城のミネラル使用)

 

浸水
小豆の3倍の水を加え一晩浸す。

 

煮る
土鍋で、じっくり粒が潰れないように煮る。

だいたい煮汁が半分くらいになるまで。
かなりの弱火、砂糖は入れない。

陽性の土鍋を使用する。

 

f:id:hitotokimi:20170327150013j:image

わたしは一度に500gくらい作り、無くなるまで、

茶碗に1日2杯くらい食べます。

数日、続けて食べられると効果は実感出来ると思います。

甘味が全く無いので、本気でない方は無理かも?

冷凍も可能ですが、数日続けた方が良いので食べきる量がお勧めです。

冷凍ものを温め直す時はレンジは控えましょう。

 

レシピ、土鍋の陽性、レンジの怖さ等、

他の記事も検索してみてください(^^)